精元電脳股分有限公司


会社案内


精元電脳股分有限公司は1975年に創立し、1999年から正式に上場し、現在世界第1位の大型ノートパソコンキーボード製造メーカーとなっています。弊社は、創始初期の頃から全力で高品質な製品と最高のサービス提供を目標にしてまいりました。また、顧客に代わって価値の高い製品を生み出すだけでなく、私たち自身も産業でリーダー的企業であり続けるよう日々尽力しております。

私たちは豊富な製造経験をもち、融通の利く生産能力計画を兼ね備えた巨大な製造グループを持っているため、毎年ノートパソコンの総量が成長し続けるという圧力のもとでも慌てずに顧客のニーズにこたえることができております。同時に弊社は、毎年研究開発に資源を大量投入して技術を磨き続け、新しい技術や応用を取り入れた専門的なODM、OEMの実力を展開できるような新しい製品を産み出すことで、積極的にお客様のお役に立てるよう努めております。加えて、もともと精元は垂直統合で名が知れておりましたが、さらに一貫したサービスを提供するために、金型設計、吹き付け、SMTの組み立てなど、これらすべてをグループ内の工場で独立して完成させ、電子製品開発スケジュールを短く、シンプルにすることが可能となりました。弊社の垂直統合は、時間とコストの面で効果を発揮し、不動のリーダー的地位の確立に成功しました。

私たちはノートパソコンのキーボード以外に、デスクトップ型におけるキーボード、マウス、ペンタブレット、レーザーポインターなどを含めたHID (Human Interface Device)の研究と発展をも手がけています。また、強靭な製造実力と技術により、光栄にも各ブランドの愛顧を受け賜ることができております。さらにここ数年、タブレットPCとAIOなどに関係する周辺機器の製造にも取り組み続け、コストは下げても高品質をモットーに、ユーザーにとってすばらしい使用経験ができるよう心がけております。近年弊社はその他の領域の消費型電子機器に研究開発費をより多く投入し、ノートパソコンのキーボードに続き、異なる産業におけるトップの座の再確立を願っています。私たちは台湾を技術研究開発・販売・管理センターとし、中国各地を生産拠点として展開させ、高品質の製品が精確な出荷管理によって世界の隅々まで運送されるよう指導しております。蔡火爐取締役会長が率いる経営グループは、弊社設立以来自社売上高において何度も好成績を収めてきましたが、2009年の世界金融危機発生時には更なる力を見せてくれました。その時の売上高は情勢に逆らってまさに44.7%にまで伸びたのです。これからの精元は、顧客に高品質で付加価値の高い製品を提供するとともに、グループリソースの利用やさらに多くの周辺機器の開拓などの本業務を強化し続けてまいります。またこれから10年、弊社が消費型電子機器産業において魅力を発揮できることを心待ちにしております。